TOP

等々力駅の保育園・プレスクール・幼児教室・お受験対策(私立・国立・幼稚園・小学校) 保育所ハッピートーク等々力園

世田谷区等々力3-12-2-2F 03-6913-4328
  • 保育所ハッピートーク等々力園 TOPページ
  • ごあいさつ
  • 施設のご案内
  • 保育について
  • 幼児教室・受験対策
  • 入園のご案内
  • アクセス・地図
  • お問い合わせ

保育所ハッピートーク等々力園
(併設:サンライズ幼児学園)
世田谷区の保育園・プレスクール・幼児教室
お受験対策(私立・国立・幼稚園・小学校)
東京都世田谷区等々力3-12-2 平林ビル2F
TEL:03-6913-4328 FAX:03-6913-4329


保育園ナビ

園だより(2013年12月号)

園長先生より

〜 嬉しかったこと 〜  No.2
 今月も嬉しかったことのお話しです。
 体操のプログラム「キッズ・フィット」では、毎回体のお話しをしています。先月は肺のお話しでした。
 「きれいな肺はピンク色で、タバコをすったりすると肺は真っ黒になります」と聞き、お家に帰ってちゃんとお話しできたお友だちがいました。そのことをキッズ・フィットの先生にお伝えしたところ、大変喜んでくださり、連絡ノートに書かれたお母様のコメントに感激した様子を見て、私も大変嬉しくなりました。
 お話しをきちんと聞こうとする姿勢、理解し覚えて伝えるということは、3才4才の子どもたちには大変難しいことだと思いますが、等々力園の子どもたちは育っているなぁ!と毎週のように感じます。お友だちを思いやる気持ちも育ってきました。ドンマイ!!や大丈夫!?などの声かけも多く聞こえるようになってきました。
 「ありがとう」「ごめんなさい」「ごちそうさま」「おいしいね!」等の日常の会話は、お家でも育んでくださいね。クリスマス発表会を楽しみにしていてください。一生懸命練習しています。

ハッピートークな日々

 クリスマス発表会も近づき、去年の今頃は泣いてばかりいたお友だちも「ことわざ」や「漢字」がわかるようになり、大きいお友だちの真似をして頑張っています。
 その一生懸命な様子に成長を感じる毎日ですが、勢い余って?思わず笑ってしまう言い間違いも・・・
 「住めばビワコ」「とんびに油揚げをサワラレル」「月とカッパ(→かっぱの川流れ)」,etc.
 発表した本人もみんなも、思わず笑顔でいっぱいになって、日々練習を繰り返しています!!

 今年のカレンダーも残すところあと1枚となりました。泣いたり笑ったり、初めて歩いたりお話をするのが上手になったり・・・。子どもたちにとっての1年というのはなんて初めてのことだらけなんだろう!と改めて驚いてしまいます。年末は大掃除、門松やお正月飾りを飾ったり初詣をしたりと日本ならでは行事がたくさんあります。年末年始は園もお休みになります。ぜひご家庭でお子さんと一緒に日本の伝統的な風習に触れてみてください。
 最近、園の中では小さい子の入園が続いていることもあり特に2歳児の成長をとても感じます。おもちゃを貸してあげたり泣いている子の背中を優しく撫でていたり・・・。お話も上手になって思いを伝え合うのもとてもスムーズに・・・!!本人の成長ももちろんですが、周りの環境が成長を促すこともあるんですね。これからがとっても楽しみです!

〜〜〜 師走 SHI・WA・SU  〜〜〜
 師が走るという「師走」、正確な語源は未詳だそうですが、師匠の僧が御経をあげるために東西を馳せる月との「師馳す」があります。その他、年が果てる意味で「年果つ(としはつ)」、四季の果てる月「四極(しはつ)」、一年の最後に為し終える意味の「為果つ(しはつ)」など・・・「極月(ごくげつ、ごくづき)」とも呼ばれるように、いずれにしても、何かを為し遂げて新しい年を迎えられるとよいですね。。。

キッズ・フィット(KID-FIT)とは・・
 アメリカで話題の幼児向け知育・運動プログラムで、健康と健康的な習慣を身につける大切さを学ぶことを目的としています!
 安全な食事、運動の習慣、休息・・・身体に対する教育を通じて、一生健康でいるために自らの身体をどう扱えばいいかを学んでいきます。
☆レッスン内容(例) → 毎年新たに開発されます
 「肺」・・・肺とは、なぜ肺が必要か、どのように肺を健康に保つか?
 「骨」・・・骨とは、なぜ骨が必要か、どのように骨を強く保つか?
 「口」・・・菌、風邪の予防と菌の広がり、歯のケア、有害なもの、など
子どもたちは身体について学び、運動の楽しさを知り、音楽に合わせて楽しく身体を動かし、45分間のレッスンもあっという間です!!

<<<離乳食と子どもの自立>>>
 離乳食は、栄養面だけでなく、口腔発達や咀しゃく機能の発達の点からも考慮したいものです。特に、咀しゃく機能については次の段階があります。
(1)口に入った食べ物を飲み込む反射が出る位置まで送ることを覚える
(2)口の前の方を使って食べ物を取り込み、舌と上あごでつぶすことを覚える
(3)舌上あごとでつぶせないものを歯茎でつぶすことを覚える
(4)口へ詰め込みすぎたり、食べこぼしたりしながら一口量を覚える
(5)手づかみ食べが上手になるとともに食具を使った食べる動きを覚える
 上記のように、赤ちゃんの食べる動きを引き出して自立させること、そのためにはどんな食べさせ方をし、サポートするかがポイントとなりますね。
 適度な運動、空腹感、発達段階にあった食べものと食べ方…「食」を楽しく美味しく味わって、身体と心の栄養を自分で得ること、そのスタートが離乳食であり幼児食です。子どもの自立を促す食事について考えてみませんか?

今月の設定保育・予定・目標など

【今月の目標】
◎手洗い、うがいをしよう!
◎友達と話し合い、ルールを守って集団遊びを楽しむ。
【設定保育(週予定)】
制作、外遊び、知育
うた:発表会のうた、ジングルベル
【今月の予定】
22日(火)お誕生会 避難訓練(火災)
31日(木)ハロウィン


←園だよりバックナンバー